手作りシチューには偉大愛の力がある

昨晩は翌早朝の出張にもかかわらず、3才の長男
が寝苦しかったのか、夜中に起き、あやしていたた
め、やや睡眠不足であった。

しかし、新幹線の中でうたたねをするでも
なく、普段、読み切れてなかった資料も読め、やや
重荷に感じていた報告書も手際よくこなせ、出張先
での会議でも集中力が途絶えなかった。

何故、こんなに元気?

「そうか、それは、昨晩の食事だ!」

野菜のブログを書き始めているのに、この感度の鈍さ
にわれながら、あきれる。

そう、昨晩夕食は家内がコトコト、コトコト煮込んでくれ
た手作りシチューと納豆と山芋、チーズ、ゴマ、ネギの
オープンサンド。

とろけそうにおいしくて、食後、お腹にやさしく、大変
気分が良かったのである。

シチューの中身は牛肉、トマト、玉ねぎのみじん切り
ニンジンで特に、とろとろになっているタマネギと
トマトが相まって、絶妙のハーモニーを奏でてくれ
ているのである。

硫化アリルのビタミンB1の吸収力アップ作用や、殺菌
鎮静効果からか、タマネギはイギリスで「1日1個のタマ
ネギは医者を遠ざける」また、トマトは有機酸の胃液分泌
促進効果や、リコピンの免疫力強化作用、ペクチン
(食物繊維)の整腸作用、グルタミン酸の健脳効果など
から、欧米で「トマトのある家は胃病なし」日本でも
「トマトは赤くなると医者が青くなる」といわれるほど
栄養機能が高い両雄なのである。

それと、わすれてならないのが、ここに家内が愛情という
1番の調味料を振りかけてくれたので、一晩ぐらいの睡眠
不足にはびくともしなかったのであろう。

子供たちもキレイに食べたと聞いて、尚更、精神的にも
肉体的にもみたされた気分であったのである。

今日も、心から、家内と野菜の偉大さに感謝するものである。

追記 早く、お返しができるぐらいお大きな仕事をせねば
    家内にも野菜にも申訳ないと思う今日この頃である。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック