さんまと大根おろしの妙

ここのところ、ガソリン等の価格がリッター120円前後
と落ち着きを見せ始めた物の、年金問題、金融不安等
先行きが不透明なため、生活防衛を続ける世帯は多い。

我が家も、家内が日々の献立にいろいろと工夫し、家族
の栄養が損なわれないよう、栄養がありお値打ちな食材
を求めて努力してくれている。

その中でも、少し季節は過ぎても「さんま」は重宝な魚で
ある。うろこもなく、手軽に調理が出来、大根おろしに醤油
をかけて、ごはんと一緒に食べると日本人に生まれてよか
ったと思わず言葉がでる逸品である。

では、このおいしいさんまと大根、栄養面での効用はというと・・

生活習慣病の予防効果が高く栄養たっぷりのさんま。焼いて
食べることが多いと思うが、焼けコゲがある程度出来る
ぐらいがおいしい。そのコゲに含まれている発ガン性物質
を破壊してくれるのが大根の硝酸塩やジャスターゼ。

また、大根には消化酵素が含まれているので、脂の多い
さんまの消化を助けてくれる効果もある。つまり、美味しさ以上
のプラス効果があるようだ。

ただ、魚肉と野菜の組み合わせでニトロソアミンという発ガン
性物質ができるという研究もある。これを中和するにはビタミンC。

おろしにする場合は、ビタミンCや酵素が損なわれないように、食
べる直前におろすのが効果的。また、皮の近くにビタミンCはある
ので、皮はむかないでおろすのがよいようである。

さらに、大根おろしの極意として、最も多く出回っている青首大根
は辛味が少なく、薬味としては、やや物足りなさがある。そんな人
は先端の細くなった部分は辛味があるのでおすすめ。

また、おろし金に直線的に勢いよくおろすと、大根の細胞が細かく
なり、辛味が強くなる。(反対に天ぷら用の辛くない薬味とするので
あれば、やさしく円をかくようにおろすのがコツ)

大根おろし、ひとつにもいろいろな奥義がある。
生活防衛プラス生活の知恵、知識で健康でおいしい食事を創出
していきたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック