風邪の季節の名脇役

昨日、満員電車で貧血気味の方を多く見かける
ことを書いたが、あわせて、マスクをしている人が
ここ数日グット増えた気がする。

昨日あたりは、13℃前後と12月上旬の気温で
風邪のウイルスが猛威をふるい始める時期となった。

そこで、この時期に頼りになるのが「しょうが」

普段は、細く切った針しょうがは、酢の物や天ぷら
の天盛りに、おろしたしょうがは天ぷらやかつおの
刺身の薬味に。炒めて香りを出し、中華料理や
魚料理等に使ういわば脇役である。

しかし、しょうがの独特な香りはシオネール、ジンギ
ロール、ジンギベレンなどのもつ精油成分は消炎
発汗、去たん、保温などの作用を持つことで知られ
唾液の分泌をよくし、食欲を増進させる働きもあるので
のどが痛む、痰が出る、食欲がなくなる、寒気がする
といった風邪の初期にはもってこいの野菜なのである。

最近はコーヒーカップの底におろし器がついて、簡便
にしょうが汁を作れるアイデア商品や、セゾンファクトリー
の爆発的に売れているジュース、「飲む生姜の力」等
もあり、味をいろいろ楽しみながら、この冬を乗り切って
みてはいかがでしょうか。

ただ、年々、マスクをする人が多くなるのが気になる。

やはり、日頃からいろいろな野菜を組み合わせ、抵抗力
のあるからだづくりを心がけていきたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック