家内の愛+根菜パワーは至高のメニュー

ここ数日、気温が低く、湿度も20%以下と
空気も乾燥して、インフルエンザ患者が急増
している。

電車にのってもせき込んでいたり、マスクをして
いる人が数多く見受けられ、車内の空気も淀ん
でいるかにに見受けられる。

予防接種等、いろいろ注意していても、少し
油断すると、なんとなく、風邪っぽくなってしまう。

そこで、重要なのはやはり、毎日の食事であると
思う。

私も年末年始少し喉が痛くなり、速やかに生姜ジュ
ースやエキナスヤ等のハーブティーを摂り大事には
至らなかったが、またここ数日の忙しさから、喉がいがら
っぽくなりかけた。

しかし、一昨日、家内がわたしの体調の変化を察知して
「今日は早く帰ってきて」と声をかけてくれ、魔法のような
鍋を用意してくれた。

それは、宝刀(ほうとう)なべで、以前、当ブログにも、会社
近くのうどん屋さんで食べたことを書いたが、家でやるのは
たぶん初めてである。

しかし、この鍋、家内の家族を思う、気持ちが凝縮されたのか
信じられないくらいおいしくて、体の中の悪い菌がブツブツと
消えていくのがわかるぐらいのすぐれ物であった。

画像


具材は
ごぼう、ニンジン、白菜、里芋、ネギ、かぼちゃ、みつば、しいたけ
えのき、こんにゃく、かまぼこ、豚肉、おふ、ほうとう

でみそ仕立のだし汁に粘膜を強くしてかぜをひきにくくするβーカロチン
たっぷりのかぼちゃのエキスがとろけだし、里芋、ニンジン、ごぼう等の
根菜野菜と相まって身体をお掃除、そしておネギの硫化アリルが、豚肉の
ビタミンB1の吸収を促進、ほうとうの糖質をエネルギーに代謝促進しまさに
かぜ退治、ミラクル鍋なのである。
(3才の長男は具材はあまり食べないものの、お汁が気に入ってごくごく
 飲んでくれ、11才の長女はこの鍋に魅せられがつがつ食べていた。)

家内の家族を思う愛情+根菜鍋⇒元気全開

まさに冬の勝利の方程式である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック