見えない心の世界は怖い 本日の感謝93日目(木)&お役立ち83日目

昨日、上司から「えっ?」と思う筋が違うのでは?
と思うことをいわれた。「何故、そのようなことを言われ
なければいけないのか?・・・」

以前の私であれば、正論をぶつけ、大激論になると
ころ。

しかし、昨日は相手がどういう気持ちで言われているの
考えれた。

ご自分のお立ち場を守ろうとしているのか?
そう思えたとき、「私の言い方が十分でなく申し訳ありません」
と言えた。

上司は納得してくれ、その後、友好的に1日過ごし、私の提案
も聞いてくださった。

正直、ここのところ私自身、上司に不信感があったのも事実。
やはり、相手のよいところを見て、より感謝しなければいけない
なと思った。

見えない心の世界は怖いと思った。

本日の感謝
家内
・愛情面で子供たちをサポートしてくれている。
・長女の勉強をあらゆる角度からフォローして
 くれている。
・健康面で家族をきめ細かくフォローしてくれてい
 る。
・無駄を省き、お金を大切に使ってくれる。

長女
・心を開いてくれる。
・勉強に高い意欲がある。
・学校の行事に積極的である。

長男
・買ってもらったおもちゃをとことん大事にする。
・健康で毎日、元気に遊ぶ

自分
・余計な感情を使わず、淡々とやるべきことをやる。
・上司から筋が違うのではと思ったが最後まで素直に聞けた。

亡両親
・人の気持ちを推し量ろうとする自分を生んでくれた。

義理の両親
・いくら感謝してもしきれないくらいいろいろとご配慮
 していただいている。


・ひんやり冷たく、何事にもじっくり集中できる。

ひとつ上の上司
・部下の気持ちを大事にしてくれた。

朝日
・3日間連続でまるで、微笑んでくれているような見事な
 輝きを見せてくれた。

上司
・私の話を聞いてくださった。

部下
・一瞬にしてこちらの気持ちを読み取ってくれる。

お役立ち
・風呂洗い
・皿洗い
・洗濯機お湯とり
・家内肩もみ
・長男遊び相手
・長女塾お迎え
・義理の両親、子供たちの運動会ビデオ送付
・組織横のつ繋がりの強化
・激しい変化への対応強化


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック