テーマ:料理

家族の命を家内がつくってくれている 本日の感謝22日目(日)&お役立ち12日目

夜、長女が腹痛を起こした。毎週(土)(日)どちらか必ず お腹の調子が悪くなる。 我が家では毎週(土)(日)のどちらかは、家族で勉強会 に行き、帰りに買い物をして、外食して帰る。 この日もショッピングセンターのフードコートに寄って、長女 はジャンクフードのようなものを食べていた。 たまの外食だから食事を軽く考えている節…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家内の愛+根菜パワーは至高のメニュー

ここ数日、気温が低く、湿度も20%以下と 空気も乾燥して、インフルエンザ患者が急増 している。 電車にのってもせき込んでいたり、マスクをして いる人が数多く見受けられ、車内の空気も淀ん でいるかにに見受けられる。 予防接種等、いろいろ注意していても、少し 油断すると、なんとなく、風邪っぽくなってしまう。 そこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巣篭り傾向、内食回帰も悪くない!?

昨年のクリスマス商戦の隠れたブームに家庭用チーズフォンデユ チョコフォンデユ関連商品があったようだ。 チーズフォンデユは紙とプラスティックで出来た簡易な包装で温め れば直ぐに出来上がるというお手軽グッズ。スーパーのチルドコー ナーに行くと、随分、幅を利かせつつある。 また、チョコフォンデユはまだ、お手軽グッズはそうは見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七草粥ならぬ9種ギョーザ!?

厳粛な思いをもち迎えた今年のお正月もまたたく うちに3が日を終え、もう七草粥をいただく7日と なった。 考えると昔の人々が残してきてくれた食文化とは なんと素晴らしい知恵が詰まっていることか。 年末のおそば、お正月のおせち、そして七草粥と 年神様への畏敬とともに自分たちの体をいたわる こと、元気を保つことのすべを心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不景気風を吹き飛ばせ!ベジタブルクリスマス

年末の繁忙期でしばらくブログが出来なかった。 やはり、野菜に関して毎日味わったり、見たり、聞くことを いろんな角度から調べたり、文章にまとめたりすることは 大変有意義で、楽しいことであり、しばらく離れるとひじょう に物足りないものがあった。 ということで、久し振りの再開にふさわしく、ここ最近のトピックス の中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生活防衛鍋でこころもからだもポッカポッカ

ソニーが8千人の正社員削減、トヨタが金曜日もライン停止 キャノン、マツダ等で派遣社員の解雇、数社で内定取り消し 者続出、6年9カ月振りのマイナス景況感等、実体経済は かつてない厳しさを増すばかりである。 良いことはは続かない、因があれば果があるとはいうものの よほど、気持ちを切り替えて堅実な生活、無駄のない生活を …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カレーVSハヤシ

カレーライスとハヤシライス、両者とも子供から大人 まで幅広く愛されている、超定番メニューである。 その違いは、カレーはターメリック等の香辛料を使い そのスパイシーなおいしさ、一方ハヤシはケッチャップ 赤ワインで作ったドミグラスの少し酸味があり、まろやか な味わいが特徴である。 では、その名前の由来はというと、カレーは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トマトの力

スーパーの野菜売り場を歩くと、昔はキャベツ、大根、白菜 タマネギ、じゃがいも、ほうれん草などが1番目立っていたが 最近は大根、白菜などの陳列量が少し減り、代わってトマト パプリカ等が、よく目立つようになった。 参考までに、農水の20年前と直近1年間の消費対比データ等 をみると、やはり、大根、白菜等は20~25%ダウン。代わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漬物の力

お歳暮は私の実家と家内の実家に送っている が、毎年何にしようかと考えるのは大変楽しい ものだ。 例年、新巻鮭、かずのこ、お鍋セット、牛肉 等、年末年始に向けやや華やかなものを 送ることが多いが、今年は京漬物のセット かまぼこ、めんたいこのセットなど世上を反映 し、やや地味目のを送った。 しかし、京都の老舗のメーカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハーブの魔法

料理に彩と健康を与えてくれる野菜。 しかし、さらに、味と見た目に上品さと 味わい深さと心憎い演出をしてくれる のが薬味である。 身近な薬味としては、ワサビ、ショウガ ミョウガ、サンショウ、ゴマ等があげられ るがこれらは、すべて、ハーブの一種と のことである。 実は、お恥ずかし話し、小生にとってハ ーブといえ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more